kurokawa_img

enter_img enter_img

第19回サムネイル画像

黒川塾 十九
2周年記念企画 第1弾
「ゲームと映画の創造性と、その未来へ」

須田剛一(ゲームデザイナー)+千葉善紀(日活プロデューサー) +高橋ヨシキ(デザイナー/ライター) +黒川文雄

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

SHARE

イベント情報

開催結果

第19回メイン画像

今回のテーマ

おかげさまで、今回の6月開催会を持ちまして2周年を迎えることができました。
(初回・2012年6月22日開催)
皆様のご支援、ご鞭撻に深く感謝を申し上げます。ありがとうございます。

さて、今回の黒川塾は2周年記念企画・第1弾として、ゲームにおけるクリエイティブ、映像におけるクリエイティブをあるべき姿を、識者をお呼びして、お話を共有したいと思います。

かねてより、ゲーム開発者は「映画」や「映像」の世界を目指し、ハードの進化に伴い、その融合を行うべく映像やストーリー、インタラクティブ性の向上に努めてきました。ある開発者はゲームを超えて映像の世界へのチャレンジを行った事例もあります。
また、映像制作者も、ゲームソフトをテーマにしたクリエイティブを行い、その双方のシナジー効果はインタラクティブなエンタテインメントの幅を広げることに大きく貢献してきました。

今回は、ゲーム、映像、映画の両方のジャンルに精通したクリエイターを招聘し、皆様と、それぞれの未来を考えてみたいと思います。

ゲームクリエイターとして、「ノーモア★ヒーローズ」「LOLLIPOP CHAINSAW」「KILLER IS DEAD」など、独特の世界観のビジュアルやインタラクティブ性をゲームの世界をプロデュースする「須田剛一」氏、映画会社・日活プロデューサーとして「ヤッターマン」「(三池崇史監督)「冷たい熱帯魚」(園子温監督)、昨年は数々の映画賞を総ナメにした山田孝之・リリー・フランキー、ピエール瀧出演の「凶悪」(白石和彌監督)を製作した「千葉善紀」氏、そして、映画、ゲームともに造詣が深いグラフィックデザイナーでありライターの「高橋ヨシキ」氏にご登壇をいただきます。

積極的なご参加をお待ちしております。今回も皆様とともにお時間を共有したいと思います。

開催日時

年月日(木曜日)

開催会場

御茶ノ水 デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
公式ホームページ http://gs.dhw.ac.jp/

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F
JR中央線 御茶ノ水駅聖橋口より徒歩1分 / 東京メトロ 千代田線・新御茶ノ水駅B2出口直結

問合せ先

イベント運営責任者 黒川文雄 kurokawa.fumio@gmail.com

協賛

デジタルハリウッド株式会社

第19回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様