kurokawa_img

enter_img enter_img

第28回サムネイル画像

黒川塾 二十八
「クリエイターのシンギュラリティ(技術的特異点)」

五十嵐孝司(ArtPlay)+イシイジロウ(ゲームデザイナー/原作・脚本家)+内田明理(ユークス)+黒川文雄

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第28回メイン画像

今回のテーマ

【今回のテーマ】

2000年代に入ってゲームを取り巻く環境は大きく変化しました。従来のパッケージ型ゲームコンテンツから、PCネットゲム、ガラケーなどのカジュアルなゲームトレンドへの移り変わりが起こりました。そして、デバイスはさらに進化しスマートフォンが我々の日常生活に欠かせないツールとなりました。

同時にゲームやそれらの周辺のコンテンツのありかたも変化してきました。短時間で、気軽に遊び、さらにネットワークによる他者との協業プレイによる見えざる連帯感の創出があります。

ゲームコンテンツの開発に関しても、新しいデバイスの誕生や、安価な開発ツールによるコンテンツ開発の簡易化も促進しました。ゲーム開発にかかる費用もクラウドファンディングなどの新しい仕組みにより、従来の大手パブリッシャーに寡占されたコンテンツの牙城も壊れつつあります。

それらの環境が整った現在、クリエイターの自由度はかつてないほどの高まりをみせています。今回の黒川塾では、第一線でコンテンツ開発に挑戦するクリエイターにスポットを当て、彼らのクリエイターとしての技術的特異点(シンギュラリティ)に迫ってみたいと思います。

今回の登壇ゲストは、大型クラウドファンディングに成功しコンテンツの開発準備を行う五十嵐孝司氏、大手パブリッシャーを経て独立し、新しいチャレンジを試みるイシイジロウ氏、ユークスへの移籍ともに自身のスタジオを設立した内田明理氏。今回も皆様の積極的なご参加をお待ちしております。今回も皆様とともにお時間を共有したいと思います

※個人名・所属は開催当時のものです。

開催日時

2015年8月20日(木曜日)

開催会場

御茶ノ水 デジタルハリウッド大学院 駿河台ホール

問合せ先

協賛

御茶ノ水 デジタルハリウッド大学院 

第28回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様