kurokawa_img

enter_img enter_img

第39回サムネイル画像

黒川塾 三十九 「誰にでもわかる!エンタメ的人工知能(AI)考察」

松原仁(はこだて未来大学教授)+伊藤毅志(電気通信大学 助教)+ 三宅陽一郎(ゲームAI開発者)+黒川文雄

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第39回メイン画像

今回のテーマ

■テ-マ 「誰にでもわかる!エンタメ的人工知能 (AI) 考察」人類が創り出したコンピュータが、その創造主である人類を超えることができるのか?その仮説に基づき、歴史のなかで人類は多くの実験とチャレンジを目撃してきました。その先駆けとなったのは、1996年、フィラデルフィアで開催された、チェス・チャンピオン・ガリル・カスパロフとIBM製スーパーコンピュータ・ディープブルーとのチェス対戦が挙げられます。初戦はカスパロフが勝利をおさめ、第二戦は1997年にニューヨークで行われ、ディープ・ブルーが勝利し、人類と人智が人工知能(AI)に敗れた瞬間を目撃しました。現在に至っても、我々人類は人間の知能や知識、予知を超えた人工知能(AI)に関心を持ちながらも、それらに対して畏怖の念を抱いているようにも思えます。

2016年3月9日~15日、グーグルの研究部門であるGoogle DeepMindが開発した人工知能・囲碁「AlphaGo(アルファ碁)」と、韓国のプロ棋士イ・セドル氏が相まみえた五番勝負は、イ・セドル氏が第四局で一矢を報いたものの、4勝1敗でAlphaGoの圧勝に終わりました。この五番勝負は、人工知能の可能性とその存在を顕示する大きな社会現象となりました。

急速に身近な存在になりつつある人工知能、作曲、脚本構成、有名画家のタッチを再現した絵画複製、マイクロソフト社が導入した人工知能Bot「Tay」など話題には事欠きません。またゲームコンテンツに於いては、ストーリーの進行、キャラクターの動き、ゲーム全体の総合的なコントロールをバックエンドで行っています。

今回の黒川塾39においては、日本におけるAI研究の第一人者である、はこだて未来大学教授・松原仁、電気通信大学 助教・伊藤毅志、ゲームAI開発者・三宅陽一郎をゲストとして招聘します。

現在から未来への人工知能の可能性を識者とともに検証すると同時に、人工知能の持つ強みと弱点、エンタメカテゴリーでのビジネス応用などの可能性や方向性を、皆様とともの考えてまいりたいと思います。ご参加をお待ちしております。

 

開催日時

2016年8月23日(火曜日)

開催会場

御茶ノ水 デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F
JR中央線 御茶ノ水駅聖橋口より徒歩1分 / 東京メトロ 千代田線・新御茶ノ水駅B2出口直結

問合せ先

協賛

協賛 デジタルハリウッド大学院

第39回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様