kurokawa_img

enter_img enter_img

第42回サムネイル画像

黒川塾  四十二 「デジタルアニメーションの変革と未来」

平澤直(ウルトラスーパーピクチャーズ)+加藤浩幸(OLM)+三宅陽一郎(ゲームAI開発者)+数土直志(ジャーナリスト)

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第42回メイン画像

今回のテーマ

【今回のテーマ】 「デジタルアニメーションの変革と未来」

当セッションは2016年6月27日(月) 開催した黒川塾36「CG・AI・SNS多様化する時代のアニメ・ゲームコンテンツの創り方」の延長線に位置するものです。さらに、10月30日開催のデジタルコンテンツEXPOで執り行われたセッション「デジタル化によるアニメの可能性」を踏襲しています。

日本のアニメーション制作はデジタル技術が急速に浸透しその可能性を大きく拡げています。その中でもセルルックCGを多用しアニメーション制作をリードするウルトラスーパーピクチャーズの平澤直氏、フルデジタル・2Dアニメーション制作に注力するOLMの加藤浩幸氏を迎えします。またアニメーションコンテンツに造詣の深いゲームAI開発者・三宅陽一郎氏、アニメ!アニメ!編集長を経て、現在はコンテツ系ジャーナリストとして活躍される数土直志氏をお呼びします。

アニメーションがデジタル化されることで新しく生まれるものは何か。また消えてゆくものとして、どのようなものがあるのか。また制作スタイルのみならず、関わるスタッフ、テクノロジーはどのようになるのか。また、VR、人工知能などのSNS時代に相応しいアニメーション、ゲームなどのコンテンツの在り方と制作トレンドの変化、果てしなき想像力の世界の未来を皆様と共有したいと思います。

今回も皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催日時

2016年11月21日(月曜日)

開催会場

デジタルハリウッド大学院
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F
 JR中央線 御茶ノ水駅聖橋口より徒歩1分 / 東京メトロ 千代田線・新御茶ノ水駅B2出口直結

問合せ先

協賛

デジタルハリウッド大学院

第42回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様