kurokawa_img

enter_img enter_img

第59回サムネイル画像

黒川塾  五十九 「eスポーツの展望とゲーム依存症を考察する会」

木曾崇(カジノ研究家)+山本一郎(投資家)

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第59回メイン画像

今回のテーマ

【今回のテーマ】 「eスポーツの展望とゲーム依存症を考察する会」

遡ること約1年前、2017年2月20日(月)、黒川塾 46 テーマ 「景表法、カジノビジネスのエンタメ的考察」にて、木曾崇氏、山本一郎氏を招聘し、日本における「eスポーツ」の課題を、景表法、賞金制、プロ制度などの面から考察を行いました。

当時はeスポーツを取り巻く環境は各種団体が林立し、個別の活動のなかそれぞれが新たな局面を模索していました。

しかし、2018年2月1日、「一般社団法人日本eスポーツ連合」(以下:JeSU:Japan esports Union)が発足しました。JeSUは「日本eスポーツ協会(JeSPA:2015年発足)」「e-sports促進機構(2015年発足)」「日本eスポーツ連盟(JeSF:2016年発足)」の3つの団体を統合したもので、今後はプロライセンス発行により、かねてより課題だった賞金制などに改革をもたらすとともに、eスポーツ・プロライセンス保有選手を選定し、世界大会、オリンピックへの選手の覇権も視野に入れた活動を行う旨を発表しました。しかし、それらに関しては正当性の疑義や異論もあり、JeSU発足後、JeSU加盟以外のeスポーツ協賛、プロゲーマー育成が促進されています。

また、1月には、「Gaming disorder」(直訳すると『ゲーミング障害』)として、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎにより日常生活が困難になる症状を、新たな疾病として世界保健機関(以下、WHO:World Health Organization)が「国際疾病分類」に加えるという内容をジュネーブで記者発表しました。

今回のWHOの発表によると「Gaming disorder」の症例としては・・・

ゲームをする衝動が止められない

何よりもゲームを最優先する

問題が起きてもゲームを続ける

それらによって個人や家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じるというものです。

今回の黒川塾では、eスポーツの開催に伴う景表法、プロゲーマーの雇用などに関して、早期から警鐘を鳴らし続けてきたカジノの専門研究者の木曾崇氏と、投資家の山本一郎氏をお招きしてお話を伺います。それぞれのエンタテインメント産業の振興と活性化のために必要な何かを皆様と共有できれば幸いです。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 

 

開催日時

2019年4月26日(金曜日)

開催会場

千駄ヶ谷 学校法人 専門学校 東京ネットウエイブ

問合せ先

協賛

千駄ヶ谷 学校法人 専門学校 東京ネットウエイブ

第59回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様