kurokawa_img

enter_img enter_img

第61回サムネイル画像

黒川塾 六十一 61「インディーズゲームとビジネスの境界線」GTMF 2018 東京前夜祭

いたのくまんぼう(ゲーム作家)+中道慶謙(ゲームクリエイター)+ところにょり(ゲームクリエイター) +進行・司会:黒川文雄

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第61回メイン画像

今回のテーマ

【今回のテーマ】  GTMF2018東京前夜祭 黒川塾6周年特別企画
7月12日(木)開催の黒川塾は6周年特別企画、アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューション総合イベント「Game Tools & Middleware Forum 2018 (GTMF2018) 」と共同開催イベントです。
今回の黒川塾61は、6月26日に大阪で開催された黒川塾60と同等の内容で、関東在住クリエイターとともにインディーズゲームクリエイターやプロデューサーの現状にフォーカスします。
我々が、インディーズゲームという名称から想起するものは、ゲームを自らの意志で開発するクリエイターやプロデューサーですが、それぞれのゲームコンテンツにはイマジネーションがあり、それら具現化するための開発力が必要です。さらに、それらを収益化するためにはマーケティングなどのビジネスバランスも問われます。
趣味に端を発し、ゲームへの愛が昂じて、プレイヤーからインディーズゲームクリエイター、プロデューサーとなり、いかにしてコンテンツとして世に送り出すのか、それらは、どのようなスケールでビジネス展開を行っているのか、そして、インディーズ・クリエイターたちが見据えるビジネスとエンタテインメントの現状と、その未来とは何かを語っていただきます。
今回の黒川塾のゲストは、アプリ界の相談役「和尚」こといたのくまんぼう氏、インディーズからメジャーへの舵を切る中道慶謙氏、自称「ゲームみたいなやつをつくっている人」として情感豊かな世界観をインディーズとして紡ぎ出すところにょり氏ら、ゲーム・クリエイターとして活躍するメンバーに登壇をいただきます。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催日時

2018年7月12日(木曜日)

開催会場

秋葉原UDX 4F NEXT3

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1

問合せ先

協賛

協力:GTMF運営委員会

第61回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様