kurokawa_img

enter_img enter_img

第72回サムネイル画像

黒川塾 七十二 (72) GTMF2019 東京 前夜祭 「VR/AR/MR/XR 2019年の展望を語る」 

吉田修平(ソニー・インタラクティブエンタテインメント) +小山順一朗a.k.a.コヤ所長 (バンダイナムコアミューズメント) +新清士(よむネコ) +佐々木宣彦(ポケットクエリーズ) +鈴木保夫(ポケットクエリーズ) +近藤義仁 a.k.a. GOROman(エクシヴィ)                                                                                                                                                    

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第72回メイン画像

今回のテーマ

 

【今回のテーマ】

7月11日(木)開催の黒川塾72は7周年特別企画として、アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューション総合イベント「Game Tools & Middleware Forum 2019 (GTMF2019) 」と共同開催イベントです。

私たちがバーチャルリアリティ(VR)に期待を寄せるものとはなんでしょうか。ゲーム、映像、コミュニケーションツール、シミュレーションツール、それとも異次元への入り口でしょうか。Oculus GoやOculus Quest、HTC VIVE-PROなどのワイヤレスヘッドセットの導入が相次ぎます。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下:SIE)の新社長に就任したジム・ライアン氏はPlayStation 4の全ユーザーのうち、20人に1人がPlayStationVR(PS VR)を保有していると明かしています。

また、マイクロソフトが推進するHololens(以下:ホロレンズ)も進化を遂げています。すでにホロレンズ2の発表が行われており、ハンドトラッキング機能の向上、カスタマイズ、マイクロソフトAzure(アジュール)クラウドとの連動も発表されています。

今回の黒川塾のゲストは、SIEワールドワイドスタジオのプレジデントとしてコンテンツ面を統括し、先に挙げたPS VRの開発も務めた吉田修平氏、7月12日、池袋・サンシャインシティにアニメとゲームの入る場所としてオープンする「MAZARIA(マザリア)」を開業するバンダイナムコアミューズメントのコヤ所長こと小山 順一朗氏。VRアトラクション「ガルガンチュア」を企画開発する「よむネコ」の新清士氏、MR、XRのBtoBビジネスを推進するポケット・クエリーズの佐々木宣彦氏、同じく鈴木保夫氏はマイクロソフトに従前所属しておりホロレンズの日本での導入を積極的に推進しました。そして、常に斬新な発想でVR普及活動を展開するGOROmanこと近藤義仁氏らに登壇をいただきます。

現在のVR/AR/MR/XRの実情を明らかにして、2019年、あるべき未来のエンタテインメントとビジネスを考えてみたいと思います。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 

開催日時

2019年7月11日(木曜日)

開催会場

【開催会場】
秋葉原UDX GALLERY NEXT THEATER
東京都千代田区外神田4-14-1

問合せ先

【問合せ先】
運営責任者 黒川文雄 kurokawa.fumio@gmail.com 



 

協賛

[GTMF2019 公式サイト]
https://gtmf.jp/2019/

運営協力 GTMF運営委員会 担当 contact@gtmf.jp

第72回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様