kurokawa_img

enter_img enter_img

第73回サムネイル画像

黒川塾 七十三 (73) 「インディーズ・クリエイター これが私の生きる道」

川勝徹(プチデポット代表)+川瀬浩一(アポロソフト代表取締役)+升田 貴文(イグニッション・エム代表取締役)+黒川文雄

参加する(下記リンク先にてお申し込み)

Peatix

SHARE

イベント情報

開催結果

第73回メイン画像

今回のテーマ

ぜんため2019共催 8月3日(土) 開催決定

 

【今回のテーマ】

令和元年、黒川塾は岐阜市・柳ケ瀬商店街中心とした回遊型エンタメ・イベント 「第3回 全国エンタメまつり」 (略称:ぜんため)とコラボ開催をいたします。

「ぜんため」は8月3日(土)と4日(日)に開催され、最新ゲームの試遊、VR体験、ゲーム大会や物販を楽しめるゲームストリート、 著名人によるトークショー、ライブセッションなどを行うメインステージなどを展開する地域密着型のイベントです。ぜんためコンセプトは、日本のド真ん中 (岐阜)には、新発表、新体験、新商品、常に「新しい」があります。

今回の黒川塾73は、インディーズゲーム・クリエイターやプロデューサーにフォーカスします。

我々が、インディーズゲームという名称から想起するものは、ゲームを自らの意志で開発するクリエイターやプロデューサーですが、それらコンテンツとして、具現化するための開発力が必要で、収益化するためにはマーケティングなどのビジネスバランスも問われます。

今回のゲストは、インディーズゲーム・クリエイター、プロデューサーとして実績を重ねたメンバーに登壇をいただきます。独立系ゲーム開発集団プチデポット代表の川勝徹氏、アポロソフト代表取締役の川瀬浩一氏、イグニッション・エム代表取締役の升田 貴文氏の御三方をゲストにお迎えします。

インディーズゲーム・クリエイター、プロデューサーは、どのようなモチベーションとスケールでクリエイティブとビジネス展開を行っているのか、インディーズ・クリエイターたちが見据えるビジネスとエンタテインメントの現状と、その未来とは何かを語っていただきます。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 

 

開催日時

2019年8月3日(土曜日)

開催会場

【開催会場】
岐阜県柳ケ瀬商店街 特設ステージ

問合せ先

運営責任者 黒川文雄 kurokawa(a)kurokawa-juku.net

協賛

運営協力 ぜんため運営委員会

第73回終了時メイン画像


取材記事を掲載頂きました各メディア様